App Storeで季節の “ハイシーズン”を最大限に活用する
成功のためのTips 


目まぐるしく変化するモバイルアプリケーションの世界において、App Storeは何百万ものアプリが注目度を競い合う非常に大きなマーケットプレイスになっています。そして、アプリの命運を分ける重要な要素の1つに、季節性があります。季節はデジタル領域におけるユーザー行動やアプリのパフォーマンスにも大きな影響を与えます。


弊社Stand Arrowの公認パートナーのRedboxでは、アプリ開発者やマーケティング担当者が季節的なチャンスをどのように活用し、パフォーマンスを実現できるかについて、深い知見を持っています。  この記事ではApp Storeにおける季節の重要性を掘り下げ、UA戦略の中で季節性を最大限に活用する方法についてのポイントをご紹介します。 

※原文はこちら

ハイシーズンがダウンロードとアプリの関連性に影響

まず世界的に見ると、イベントや季節は連続的かつ多様であることを念頭に置いておく必要があります。 アプリマーケットを日本に絞っていない場合に季節的チャンスを探る際には、国境を越えて見ることが重要です。  南半球と北半球では全く異なるイベントや季節も存在し得ます。世界的に起こっているイベントも多いですが、同じイベントでも地域によって異なる形で行われていることもあります。

  • 祝日:年末年始、お盆、クリスマスなどの大型連休には、余暇の時間が増えるため、娯楽や趣味(フィットネスやデートなど)の需要が上がり、アプリのダウンロード数が急増する傾向


  • 小売イベント:旅行や休暇のための買い物に加え、バレンタインデー、ブラックフライデー、サイバーマンデーといった主要なオンライン小売イベントは、オンラインブランドにとって莫大な収益をもたらす。  2022年、ブラックフライデーのオンライン売上は90億ドル(約1,3兆円)を突破し、そのうちスマートフォン経由の売上は過去最高の48%を記録


  • スポーツイベント:スーパーボウル、FIFAワールドカップのようなチームチャンピオンシップや、英国プレミアリーグのサッカーシーズン開幕のような大規模イベント、競馬大会などの影響で、スポーツニュースアプリ、ストリーミングアプリ、ベッティングアプリ、イベントガイドアプリのダウンロードと利用が増加


  • 新学期の季節:教育関連のアプリは、新学期の時期にダウンロードのピークを迎える傾向にある。また、出会い系アプリも、学生の需要が高いためこの時期に多く利用


  • 新しいスマートフォン機種のリリース:最新のiPhoneが発売されると、アプリのダウンロード数が急増する傾向にある。クリスマスから新年にかけては、プレゼントとして新しいスマートフォンをもらった人が新しい機種でのアプリダウンロードをするため、再ダウンロード数が最多になる傾向 

Apple検索広告UAのハイシーズンを最大限に活用する10のTips

Apple Search Adsを利用する上で季節性を最大限に生かすためには、しっかり準備しておくことが重要です。ここでは、計画において注力すべき主なポイントをご紹介します。

1.十分な準備期間を設ける
App Store ConnectやApp Storeでのアセット変更には審査と承認に時間がかかる場合があります。

2.履歴データの分析
ターゲットイベント中の過去のアプリパフォーマンスデータ、例えば検索数、ダウンロード数、ユーザーエンゲージメントの傾向を調査しましょう。これらのデータによってイベントがアプリにどのくらいの影響を与えたのかがわかります。

3.予算増額の承認を得る
季節のピーク時には、キャンペーンに多くの予算を確保する必要があります。他のアプリが通常よりも積極的に入札する可能性があるため、イベントに関連するターゲットキーワードでより競争力のある入札を行う必要がある場合もあります。

4.マルチプレースメント戦略 : 
Apple Search Adsで利用可能な広告プレースメントをフル活用して、ブランドの認知度を高め、ユーザーの購買意欲を高めます。  Todayタブ広告やプロダクトページ広告のような広告出稿は、フリークエンシーとブランド露出を増やし、季節の変わり目にApp Storeを訪れるユーザーをより引きつけることができます。  検索結果広告や検索タブ広告など、ユーザーの意識や行動を利用する広告出稿と組み合わせてください。
 

  • キャンペーン評価に関する注意点:
    マルチプレースメント戦略を採用する場合、キャンペーンのパフォーマンスを総合的に評価する必要があります。個々のプレースメントを相互に比較すると、キャンペーン全体の真の価値がわからず、誤った評価をしてしまいかねません。
    総合CPAを見ることで、全体的なパフォーマンスをより明確に評価し、適切な予算決定を行うことができます。様々なプレースメントが常にタップにつながるとは限らないものの、インプレッションを増やすことは重要です。タップを伴わないインプレッションでは予算の元は取れませんが、オーディエンスの意識づけと認知を促し、オーガニックと有料両方のパフォーマンスを引き上げます。
    マルチプレースメントキャンペーンの真のパフォーマンスを理解するために、総合的なCPAを見ることをお勧めします。 


5.新しい広告テキストとクリエイティブを作成する
広告のバリエーションを調整し、イベントや季節に関連したカスタムプロダクトページを作成することで、コンバージョン率を大幅に上げることができます。  ユーザーがイベントに特化した検索キーワードを使用している場合は、検索意図にマッチした広告のバリエーションやプロダクトページを出稿することで、ユーザーの期待に応えましょう。

6.キャンペーンの設定
キャンペーンの構成は事前に考えておきましょう。  特定のターゲットキーワードやクリエイティブで、イベント連動型のApple Search Adsキャンペーンを事前に考えて作成することで、キャンペーンを実施する際にキャンペーンをより簡単に調整することができ、イベント後にパフォーマンスデータを切り分けて分析することが可能になります。

7.アトリビューションの設定
  MMP(アトリビューション)が新しいキャンペーンのイベントデータを取得するために同期されていることを確認しましょう。 

8.増額と減額
イベントが近づくにつれて広告費を徐々に増やし、イベントが終わるにつれて広告費を減らすことで、ピーク期間中にインプレッションとエンゲージメントを最大限獲得できます。

9.リアルタイムモニタリング
イベント期間中、入札額、キーワードのシェア、クリック率、ダウンロード数など、アプリのパフォーマンス指標を注視しましょう。必要に応じてApple Search Adsのキャンペーンを調整し、最も効果の高いキーワードや、競合が入札しているターゲットキーワードに予算を追加しましょう。

10.結果分析
イベント終了後、Apple検索広告のパフォーマンスを確認し、過去のデータと比較して効果をベンチマークします。重要なインサイトを抽出し、今後のハイシーズンイベントに活かしましょう。

事例紹介:Apple検索広告のサクセスストーリーのページで、季節ごとの戦略で成功したキャンペーンの事例をご覧ください(英語)。

サマリー:

ブラックフライデー期間中にクリエイティブをブラックフライデー仕様にし、Todayタブ・検索タブ等においてApple Search Adsキャンペーンを実施したことで費用対効果の高い顧客獲得を実現(インストール数が前週比で136%増加)。



 

さらに一歩踏み込んでASO戦略を構築する 


Redbox社がクライアント向けに実施し成功した戦略を見ると、ハイシーズン中にApp Store最適化(ASO)の取り組みをApple検索広告キャンペーンと連携させることで、アプリの認知度とパフォーマンスを大幅に高めることができたというデータがあります。

ASOを効果的に同期させるための5つのポイントをご紹介します:

  • キーワードの最適化:
    アプリのメタデータとキーワードを更新し、ハイシーズンのイベントに関連する用語を追加します。ユーザーが検索しそうな言葉を想像して、それも追加しましょう。


  • スクリーンショットとビデオ:
    新しいApp Storeのスクリーンショットとビデオを作成し、ハイシーズンのイベントに合うアプリの機能を紹介しましょう。そうすることで、ユーザーがその期間のニーズに御社のアプリがどう紐づいているのかイメージしやすくなります。例えば、スポーツ映像のプレビュービデオやクリスマスのアイコンなどを使って目立たせ、関連性を高めましょう。


  • カスタムプロダクトページを活用: 
    アップル検索広告のサービスのカスタムプロダクトページは、ASOのパフォーマンスキーワードや、イベントや季節に関するユーザーの検索キーワードに直接関連する、オリジナルのプロダクトページセットを作成できるため、ASOと高い親和性があります。


  • プロモーションと割引:
    クリエイティブな要素を更新するだけでなく、小売のハイシーズンには期間限定のプロモーション、割引、または別商品との組み合わせプランを提供し、ユーザーのダウンロードやアプリ内購入を促進します。 


  • アプリ内イベントを作る:
     ユーザーがイベントや季節に特化したアプリやコンテンツを検索している際やハイシーズンに検索をしている際、より深いユーザーエンゲージメントを引き出すためにはアプリ内イベントを作成するのがおすすめです。App Storeのプロダクトページにあるアプリ内イベントカードを使って、その時期のイベント体験を強調しましょう。